手術ではなく器具を使って行う


包茎治療と聞いて泌尿器科や美容整形クリニックなどでの手術を連想する人が多いのではないでしょうか。
実際のところは手術治療だけではなく器具を使った治療というものもあります。
包茎を治療する器具はどういうものかというと、大きく分けてリングタイプと接着剤タイプ、矯正下着タイプの3種類があります。
リングタイプはリングをペニスの根元まで通すことで包皮がむけた状態を固定した状態にするということになります。
接着剤タイプは包皮に接着液を塗りこみ、むいた状態を固定します。
矯正下着タイプは器具が装着している下着を穿くだけで包茎が改善されるというものになります。
実際は下着の中にあるリングで包皮がむけた状態を固定し、麻布で亀頭を鍛えるということです。
どの方法にしても、包皮を固定することによりむけた状態を維持させるというところがポイントになります。
器具治療のメリットとしては手術治療に比べるとお金がかからないということになります。
また、実際に手術を行うことがありませんので手術跡が残らないということになります。
そして、手術治療に比べたら気軽に使用することができるということがあります。
お試しということでいろいろな器具を使用して自分に合ったものを選択するといった使い方ができます。
しかしながら、包茎を治療することを目的としている器具はそれぞれのタイプで数々製品がありますが、器具を使った治療に関して実際のところ効果があるのは仮性包茎の場合のみということになります。
それも、仮性包茎の軽度な状態に限られます。
真性包茎のように包皮をむく際に痛みが出る人に関しては器具を使って治療を行うのはやめておいたほうがいいでしょう。
器具治療のデメリットとしては万が一間違った器具を使用することによりペニスを傷つけることがあるということです。
器具治療自体に医学的な根拠がないケースや安全性に問題があるケースも見られます。
実際に器具を使用するときには使用方法をしっかり確かめたうえで十分な注意をして使用します。