切らない包茎治療とは


包茎治療の方法としては基本的には大きく分けて余分な包皮を切除するような方法と、包皮を切除せずに糸や接着剤でむけた状態を固定する方法の2通りがあります。
今回は余分な包皮を切除しない方法で包茎治療を行うものについて紹介していきます。
切らない包茎治療の一つ目はナチュラルピーリング法になります。
ナチュラルピーリング法とは包皮をむいて亀頭を露出した状態にした後は、露出した状態を固定するために医療用の糸を使用して包皮を数か所縫合するということになります。
縫合するための糸は体内で溶ける医療用のものを使用していますので、抜糸する必要がありません。
このナチュラルピーリング法の大きな特徴としては包皮を切除しないということで術後に痛みが生じることがなく傷跡に悩まされることがないということが言えます。
さらに、仕上がりが気に入らないという場合には糸をほどくことにより元に戻すことができるということになります。
ナチュラルピーリング法のデメリットとしてはこの方法自体がむき癖を付ける方法に当たりますので、仮性包茎の場合しか適さないということになります。
しかしながら、仮性包茎の場合でも極端に包皮が余っている場合には、むけた状態が維持できずに元の状態に戻ってしまうことがあります。
カントン包茎や真性包茎の場合はそのほかの方法を検討してみるということになります。
切らない包茎治療の二つ目は根本部固定法になります。
根本部固定法は包皮をむいて亀頭を露出した状態にした後は、露出した状態を固定するために医療専用に接着剤で包皮を固定するということになります。
根本部固定法の最大のメリットはナチュラルピーリング法と同様に包皮を切除することがないということになります。
さらに、ナチュラルピーリング法は糸による縫合が必要になりますが、根本部固定法は接着剤を付けて固定するので身体への影響が少ないということになります。
根本部固定法のデメリットはナチュラルピーリング法と同様に仮性包茎の人しか適用できないということになります。
他には術後から半年ぐらいたつと接着剤の効力が失われていくので、再度治療の必要があるということが言えます。